本当に大切な防犯とは

通学時の防犯対策は一つだけじゃだめ

小学生になると子ども達だけで通学になるのでとっても心配ですよね。最近では通学路に見守り隊が立っていたりもするので安心ですが、近年では見守り隊の方が犯罪に関わっていたこともありそればかりに頼っていてはダメだと思います。なので、通学時の防犯対策は重ねてするに越したことはありません。まずお家でもお子さんにきちんとお話することが大切です。知らない人に話しかけられたら大声を出して走って逃げる。
いつもと違う道で帰らない。1人では帰らない。危ないことをきちんと理解してもらうことが大事です。しかしこれだけではまだ心配なので他にも合わせて防犯対策していく必要があります。まず他人の目に見えるところに名前を書かない。例えば手提げバックに書かれた名前を見て、犯人が「〇〇ちゃん、ママがあっちで待ってるよ」と声をかけてきたら、子どもは自分の名前を知ってる犯人について行ってしまうかもしれません。
なのでできるだけ見えるところに名前は書かないほうがいいです。あとは防犯ブザーを携帯させるのもすごく効果的なのですが、大事なのは防犯ブザーをどこに付けるか、です。紐が短くて届かないところにつけていませんか?最近はランドセルの肩ベルトの胸ら辺に防犯ブザーを付けるところが付いているものも多いです。子どもがすぐに使える場所に付けて使い方もしっかり教えましょう。このように合わせて防犯対策することで子どもの安全が守られます。

子供には防犯のための携帯電話は必須です

現在子供を狙った犯罪はとても多く、事件にまでは至らないでも声をかけられた、体を触られたという事案はとても多いものです。そして近年は少子化の影響で小学校や中学校の児童生徒数の減少が著しいことから、学校の統廃合が行われて通学時間が長くなるということも多いです。通学時間が長いということは、その間に犯罪に巻き込まれる可能性がより高くなるということです。居住する地域によっては通学が片道1時間かかってしまうということもあるため、その間の防犯については何かしらの策を取らなければいけません。
本来であれば特に人通りの少ない地域などにはPTAを中心として見守りをしたり、保護者が通学に付き添うということが最も犯罪が起きにくくなる方法ですが、保護者も仕事などの所用があって毎日付き添うには限界があるものです。そのようなことから遠方から通学する児童生徒については、携帯電話を持たせておくのが適しています。
ただし携帯電話に関しては学校で所持を禁止されているところが多いため、普通の携帯電話ではなく防犯ブザーの機能や緊急で電話をかけらるという特徴のある子供用の携帯電話を持たせるようにすべきです。そして子供には緊急時以外は絶対に使用しない、他の子供には持たせないようにすることをきちんと約束したうえで所持させることが重要です。

ピックアップコンテンツ

地域の関わりと防犯グッズで守ること

防犯グッズと大人の目で子供を守ろう 最近は通学時に子供が狙われるケースが多発しています。信頼できる…

もっと知ろう

本当に大切な防犯とは

通学時の防犯対策は一つだけじゃだめ 小学生になると子ども達だけで通学になるのでとっても心配ですよね…

もっと知ろう

子どもを事件から守るための防犯グッズ

通学中のトラブル防止には 最近小学校などでは、PTAや学校関係者などが学校までの道筋に立って子ども…

もっと知ろう

不安な通学には防犯グッズがオススメ

通学の防犯について家族で話し合いましょう 不審者による子供を狙った犯罪が多発する現在、誘拐や連れ去…

もっと知ろう