地域の関わりと防犯グッズで守ること

防犯グッズと大人の目で子供を守ろう

最近は通学時に子供が狙われるケースが多発しています。信頼できると思われた人が、悪魔に変貌するのです。他人を信用してはいけないと、子供には言いたくはありませんが、それが現実です。さて、そんな事件も多いこともあってこの頃は防犯グッズがいろいろと発売されています。地域によっては、防犯グッズの支給をしてくれるところもあります。
ブザー鳴動形式が多いのですが、少々問題もあります。それは、子供がいたずらをしてしまうことです。好奇心旺盛な子供の事ですから、ブザーを持たされると鳴らしてみたくなるようです。しかし、これが度重なると、またいたずらだと判断してしまい、実際の危険の時に無視されてしまう恐れがあります。このことは、家庭や学校で十分に子供に対し説明をし、注意すべき事柄です。
そして、通学時には見守りの人たちがいて欲しいのです。そのような人がいつもいることで事件を起こそうとする人の抑止になります。見守るべき人が事件を起こしたという事例が最近ありました。そのような人には何かしらの予兆があるはずです。保護者たち大人は子供だけではなく、見守りを行ってくれる人たちにも注意を向けましょう。普段は優しい人でも、ふとしたことで本性が現れます。そんな注意をするのも大人の役割なのです。

通学の防犯、意識、地域の関わり

子供の心配な通学は、やはり防犯グッズが必要だと思います。ランドセルに取り付けるタイプの物や、学校の校門を出入りするとお知らせが来るタイプのチップの様なものまでいろいろとあります。最近では、キッズ携帯を持たせているママもいます。学校では禁止されていることもあるので、すべてではないのですが。価格も手頃でかんたんな操作が可能です。習い事にいくときにも便利なようです。いろんか電話会社から販売されています。大切なのは、地域との繋がりを大事にしたりしっかり挨拶をしたり、知らないひとについて行かないというしつけも大事だとおもいます。
保護者のお見送りパトロールもありますがそのことにより、犯罪しにくい環境をつくることも大事です。通学路をチェックして、死角がないか危ないところないかをみたり、交番の人ともコミュニティを作ったりもいい気がします。治安の良いところを学区として選んでいる保護者もいらっしゃるようです。学校の先生による挨拶運動や、見回りもございます。校長みずから、見回りをされてると緊張感もあり地域がひきしまる気も致します。防犯グッズも大事だし、地域の協力、助け合いこころ、友達のかかわり、そして本人の身を守る意識を育てたいものです。

ピックアップコンテンツ

地域の関わりと防犯グッズで守ること

防犯グッズと大人の目で子供を守ろう 最近は通学時に子供が狙われるケースが多発しています。信頼できる…

もっと知ろう

本当に大切な防犯とは

通学時の防犯対策は一つだけじゃだめ 小学生になると子ども達だけで通学になるのでとっても心配ですよね…

もっと知ろう

子どもを事件から守るための防犯グッズ

通学中のトラブル防止には 最近小学校などでは、PTAや学校関係者などが学校までの道筋に立って子ども…

もっと知ろう

不安な通学には防犯グッズがオススメ

通学の防犯について家族で話し合いましょう 不審者による子供を狙った犯罪が多発する現在、誘拐や連れ去…

もっと知ろう