子どもを事件から守るための防犯グッズ

通学中のトラブル防止には

最近小学校などでは、PTAや学校関係者などが学校までの道筋に立って子どもたちを確認する様子がよく見かけられるようになってきました。これは車などに対する配慮もありますが、防犯活動としても役立っています。昔から子供に声をかける犯罪者などは存在していますが、近くに大人の関係者がいる場所ではそのようなことは起こりにくいからです。通学中は子どもが一人になってしまうことも多いため、このような配慮がされています。
誘拐やその他のトラブルを防ぐためには、効果的な措置となっているのです。また普段から集団登校をするように指示している学校も増えてきています。集団登校では、小さな子が一人になることがなく、同じ学区の子供が集まって登校することができるので、朝の通学時には効果的な防犯対策です。
もちろん状況にはよりますが、一人になることが少ないのは防犯対策として確実です。子供を見守るためには、さまざまな方法で対策を考える必要があります。安心して通学ができるようにするために、普段から学校や親なども気にかけておく必要があるのです。子供にも普段から、知らない人に声をかけられた時の対処法を教えておくことも重要になるでしょう。

電池切れに気を付けよう

子どもの通学時の防犯といえば、代表的なのは防犯ブザーですね。今では、入学時に地元の企業からプレゼントされたり、新入生は必ずつけているといっても過言ではありません。その分、気をつけないといけないことがあります。防犯ブザーは何かあったときのため、すぐに本体を引き抜いてブザー音を出せるよう、ランドセルの肩ひものDカン部分に取り付けるようになっています。
新入生のうちは、ふざけて引き抜いてしまったり、または手がうっかりぶつかるなどして、緊急時ではないのにブザーを鳴らしてしまうことがよくあります。あちこちで防犯ブザーが鳴っている光景が当たり前の日常になってしまうと、いざ、本当に緊急で危ない時に防犯ブザーを鳴らしても、子どもに危険が迫っていると気づいてもらえないのです。
防犯ブザーがきちんと鳴るかどうかを確かめるため、使い方を教えるために最初に試しに鳴らしてみるのは必要なことですが、むやみに鳴らしてしまうと緊急性が薄れてしまいます。本当に緊急のときに周りの住民に気づいてもらえるように、普段は鳴らさないようにおうちの人からも言い聞かせることが必要です。また、防犯ブザーは最初から入っている電池が切れてしまい、いざ使おうとすると音が鳴らないというケースもあります。電池切れには気をつけてあげましょう。

ピックアップコンテンツ

地域の関わりと防犯グッズで守ること

防犯グッズと大人の目で子供を守ろう 最近は通学時に子供が狙われるケースが多発しています。信頼できる…

もっと知ろう

本当に大切な防犯とは

通学時の防犯対策は一つだけじゃだめ 小学生になると子ども達だけで通学になるのでとっても心配ですよね…

もっと知ろう

子どもを事件から守るための防犯グッズ

通学中のトラブル防止には 最近小学校などでは、PTAや学校関係者などが学校までの道筋に立って子ども…

もっと知ろう

不安な通学には防犯グッズがオススメ

通学の防犯について家族で話し合いましょう 不審者による子供を狙った犯罪が多発する現在、誘拐や連れ去…

もっと知ろう