不安な通学には防犯グッズがオススメ

通学の防犯について家族で話し合いましょう

不審者による子供を狙った犯罪が多発する現在、誘拐や連れ去りを心配する保護者の方が多くいらっしゃることと思います。通学路は安心できるように見えて、案外、死角があったり危険な場所が存在したりと油断はできません。お友達と複数で明るいうちに帰宅するなら良いのですが、真冬は日が暮れるのも早く、真っ暗な中を一人で学童から帰る児童も多々見受けられます。
今一度、家族で防犯について話し合いをしながら意識を高めてみてはいかがでしょうか。狙われやすい時間はやはり下校時になります。朝は全員、始まりの時間が同じですし、通勤通学する大人や中学、高校生も多くいます。しかし下校時は学年によってばらつきがあり、低学年は早めの帰宅になります。不審者は高学年よりも低学年を狙って声かけをする傾向にあります。
道案内を頼まれても決してついて行かない、即座に走って逃げる等、子供に念を押しておく必要があります。また防犯ブザーを必ずランドセルの手の届く位置に取り付け、危険な場合には鳴らすよう教えることも必要です。くれぐれも電池切れには注意してくださいね。地域によっては安全マップを作成して配布しているところもあります。家族で見ながら危険な場合をチェックし、一人で近寄ることのないように指導しておきましょう。

通学の防犯対策グッズを持ち歩きましょう

幼稚園の頃はバスで通ったり、保護者と一緒に安全に通園していた子供達も、小学生になれば自分で通学路を歩いて通うことになります。集団登校する地域もあれば、個人で友達を誘って通うところなど様々です。しかし子供達の中には、子供の数が少ない為に一人で歩いて行かなければならなかったり、遠くからバスに乗って通学しなければならない児童もおり、保護者の中には不安を抱えた状態のまま子供を見送る人もいるのです。
通学中に狙われるのはたいていの場合が一人でいる時なので、どうしても一人になってしまう場合に備えて防犯グッズを持たせておくと良いでしょう。事件に巻き込まれないように気をつけていても、何が起こるかわからない物騒な世の中です。念には念を入れて、出来る限りのことをして対策をしておきましょう。定番の防犯グッズと言えば防犯ブザーです。価格もリーズナブルですし、使い方も簡単です。
ランドセルにつけておけばいざという時に大きな音を鳴らして犯人を遠ざけることが期待できます。また子供用携帯も有効です。GPS機能で位置検索も可能なので、子供の居場所がわかり安心できます。携帯を禁止している学校もありますが、防犯グッズとして所持しても可能か、学校に聞いてみるのも良いでしょう。何にせよ、犯罪を未然に防ぐ為にも普段から防犯意識を高めておくことが必要です。

ピックアップコンテンツ

地域の関わりと防犯グッズで守ること

防犯グッズと大人の目で子供を守ろう 最近は通学時に子供が狙われるケースが多発しています。信頼できる…

もっと知ろう

本当に大切な防犯とは

通学時の防犯対策は一つだけじゃだめ 小学生になると子ども達だけで通学になるのでとっても心配ですよね…

もっと知ろう

子どもを事件から守るための防犯グッズ

通学中のトラブル防止には 最近小学校などでは、PTAや学校関係者などが学校までの道筋に立って子ども…

もっと知ろう

不安な通学には防犯グッズがオススメ

通学の防犯について家族で話し合いましょう 不審者による子供を狙った犯罪が多発する現在、誘拐や連れ去…

もっと知ろう