通学中は人の目と防犯グッズで安心

通学の防犯グッズを紹介

近年は小学生の子供に通学の防犯グッズを持たせる親が増えてきています。どのような防犯グッズが人気があるのかと言えば真っ先に思い浮かぶのが防犯ブザーと言えます。防犯ブザーをランドセルやカバンにつけておき、紐やボタンを押すことにより大きな音が鳴るのでその音で周囲の人に異変を知らせることが出来ますし、また音に驚いたり、人が来るのを恐れて犯人が逃げるケースもあります。
だからメリットとしては持っていることで抑止力がある点と比較的安価で小さいモノなので気軽に付けることが出来る点、さらに簡単に使えるので小さい子供でも利用できます。その他にも子供用携帯、GPSを利用する人も増加傾向にあります。GPSによって子供の現在地を知ることが出来るので子供が迷子になった時にも便利ですし、連れ去られた時に捜索の手助けとなります。
親は子供の現在地が分かるので安心できるし、ランドセルや鞄に入れるだけでOKです。ただ小学校では携帯を禁止している学校も多いのでその点は学校側に確認した上で使用するようにして下さい。またGPSは子供の居場所は分かりますが犯罪を予防する効果は残念ながらありません。だから防犯グッズを持たせると共に子供の防犯意識を高めることも大切です。

通学路の防犯は人目も大事

通学路というのは人通りや車の通りが多いようなところも危険ですが、人目がなく静かな通りというのも不審者が多くなって危険です。ですからいつも人の目があるようなところを通学路にするようなことが好ましいです。ですが道の状況のこともあり、なかなか通学路としてふさわしいところを通学路にできないといったような問題もあるものです。なので頼りになってくるのが防犯カメラや防犯ブザーなどの防犯グッズです。
防犯グッズがあるということで不審者からも警戒されることがありますし、また防犯カメラは何か事故があったような時にもうまく証拠として残すことができるものです。犯罪が起こった時、防犯カメラがあるのとないのとでは問題解決につながるまでの時間が違いますし、スムーズに解決できるかどうかということも異なってきます。
ですから通学路の防犯として防犯カメラや防犯ブザーが効果的でしょう。また、朝の早い時間や夕方の下校時はボランティアなどが通学路を巡回するというのも良いです。定期的に巡回することによって不審者が周辺にいないかどうかもわかりますし、ちょっとした街の異変などにも気が付くことができるでしょう。安全対策にもなって良いです。

ピックアップコンテンツ

地域の関わりと防犯グッズで守ること

防犯グッズと大人の目で子供を守ろう 最近は通学時に子供が狙われるケースが多発しています。信頼できる…

もっと知ろう

本当に大切な防犯とは

通学時の防犯対策は一つだけじゃだめ 小学生になると子ども達だけで通学になるのでとっても心配ですよね…

もっと知ろう

子どもを事件から守るための防犯グッズ

通学中のトラブル防止には 最近小学校などでは、PTAや学校関係者などが学校までの道筋に立って子ども…

もっと知ろう

不安な通学には防犯グッズがオススメ

通学の防犯について家族で話し合いましょう 不審者による子供を狙った犯罪が多発する現在、誘拐や連れ去…

もっと知ろう